時間をつくる 時間を増やす みんなの時間簿  <TOP>

  時間管理ツール 時間簿(R)

介護難民が40万人に

時間簿は、育児の時間から生まれましたが、「誰」と「誰」がどのようにして時間を共有するかという考え方は、介護にも通じるのではないとか思います。

※わたしの場合、介護の経験がありません。そして、介護の調査をたくさんしたわけではありません。が、介護の時間簿をみて感じたことは、介護と育児は、オムツ交換、食事の世話など似ていると思いました。大きな違いは、介護は症状によって介護の内容が違うということです。例えば、痴呆、下半身マヒ、肢体不自由など・・・・。、

介護体験者によりますと、赤ちゃんは可愛くて日に日に成長するけれど、介護は相手は身体が重くて、日にに日に衰えて先が見えないとのこと。

介護生活の悩み

・体力的に大変。休息の時間がほしい
・自分の時間をもちたい(目が離せないので、付きっきり)
・夫婦の時間が削られる
・離れて暮らす老親が心配
・仕事と介護の両立ができない・・

次にご紹介する介護の時間簿は「かいごの学校」が取材、編集したものです。とてもていねいに、まとめてあります。

2人の老親の介護に追われ、休息の時間がほしい 56歳 女性

◆介護時間簿 1



出典 かいごの学校

アドバイス: 昼寝は罪ではありません参照

(わたしは介護の経験がないのでアドバイスなどできる立場ではありませんが、多くの時間簿をみて感じたことは、思い込みの行動・・・これをしなければならないといった一方通行の行動がとても多いのです)

TOPに戻る


重度の母を介護しながら、自分時間をもちたい 61歳 男性

◆介護時間簿 2


出典 かいごの学校

アドバイス: おカネのためと割り切って、サービス活用  参照


TOPに戻る


離れて暮らす母を支援しつつ、フルタイムで働きたい 女性 51歳

◆介護時間簿 3


出典 かいごの学校

アドバイス: 夫婦の時間をあえてつくってほしい 参照

TOPに戻る


左半身マヒの義父81歳の介護をしながらパートで働く 48歳 女性

介護時間簿 4

下の時間簿は、内容的にとてもバランスがいいので紹介させていただきました。介護をしている人に実際につけてもらったものを、わたしがエクセルで打ち直したものです。文字を記入しながら、陰部洗浄、カテーテル定着、補助具定着など、日常では聞かない言葉ですので・・・大変だな〜と感じました。<原本

気になったのは、家族の協力がないのでしょうか・・・。

この時間簿で感心したことがあります。

・ヘルパーさんをうまく活用していること
・パートと介護を両立させていること
・夫婦の時間をつくっていること。

忙しいはずですが、それほど苦しさを感じさせません。それは、ヘルパーさんをうまく活用して、仕事、家事、介護、夫婦の時間のメリハリがあるからではないかと思います。

本人も時間簿をつけた感想を
「結構大変なことをしているのだなと思いました」と書いています。




コメントシートで質問しました。

1:何をしているときが一番大変ですか? 
  ・夜中の時間錯誤、夢と現実との錯覚

2:何に一番時間を取られますか?
  ・トイレ誘導

3:何をしている時が一番たのしいですか?
  ・散歩

4:ゆとり時間はどうやって作り出しますか?
  ・ヘルパーさんの利用 ショートステイの利用

5:今、時間を作って何がしたいですか?
  ・旅行

6:これはムダだと思う時間は?
  ・なし

7:このことをしなければならないと気になっていることは?
  ・デイサービスに行くためにリフト付きタクシーの予約(一か月前の予約 電話)

8:買ったモノ、または役に立ったモノはなんですか?
  ・アロマテラピー

9:どんな情報がほしいですか?
  ・なし

10:時間簿をつけてみてどうでしたか?
  ・結構大変なことをしているのだなと思いました。




コラム
わたしは介護の経験はありません。実家の長男夫婦が両親と同居して最後まで世話をしました。両親は健康で長生きしたほうだと思います。母は96歳で、父は86歳。母は自宅近くの施設に入所し、父は医者の世話にならないために健康管理は徹底してました。入院をすることもなく、それも、下の世話を人にさせたくないという思いからでしょう、最後の力をふりしぼってトイレに行って、用を足して倒れてそのまま息を引き取ったそうです。

ですので、わたしは介護の大変さを身近にみているわけではないので、申し訳ないのですが介護のことはあまりわからないのです。ただ、自分もいつか、夫の介護、そして、自分も介護されるであろ・・・ということは実感としてわかるようになりました。これは、早いか、遅いかの違いで、すべてのひとの問題ではないでしょうか。

かって、わたしが地域新聞を発行していたころ、手伝ってくれたスタッフが自分が長女で、夫が長男ということもあり、いつも老後の心配と、親の介護のことを考えていました。そして、父親の介護のときに、自ら時間簿をつけたり、介護の時間簿を積極的に集めていました。その時間簿はわたしの手元にありますので、たいせつな情報を今後、ご紹介していきたいと思っています。



無意識に行動している自分の時間の使い方を見直してみましょう。フリー時間簿 
todoリスト付です。よかったらためしに使ってみてください。



TOPに戻る