時間をつくる 時間を増やす みんなの時間簿  <TOP>

  時間管理ツール 時間簿(R)

定年退職後の夫婦時間

妻の時間の悩み
・夫の食事の支度で一日が終わってしまう
・自分の趣味の時間がなくなった
・カルチャーに通ったり、友だちと美術館めぐりをしたいが時間がない

時間簿 G1 befor

TOPへ戻る

三食昼寝付の夫の世話にクタクタ

夫(63)の一日の行動をみると、テレビ、新聞、散歩、テレビ、昼寝、読書・・・の文字が時系列に並んでいます。そして、妻(63)の行動をみると、妻なりにやることをやっていますが、夫の「朝食」「昼食」「夕食」と共に行動をしています。つまり、一日の行動を、夫の食事の時間に合わせているわけですね。

妻が趣味の絵手紙と読書ができるのは、夜、夫がテレビをみているときと寝た後です。夫が定年退職をするまでは、妻は自由でしたが、一日中、夫が家にいて、しかも三食の世話をするわけですから・・・。育児より大変だという人もいます。

定年退職後の夫婦時間 改善後

時間簿 G1 after



夫の一日、妻の一日をグラフで表しました


TOPへ戻る

1: 夫の生活パターンを把握する

妻は一日中、夫に束縛をされているように感じているようですが、それは夫だけが悪いわけではありません。生活環境が変わったのです。夫が昼間いないときの生活時間で行動をするから自分のしたいことができなくなるのです。

2:手のかからない時間が自分時間

育児の時間でもさんざん言ってきたことなのですが、家で自分の時間をつくれるのは、家族の手がかからないときなんです。この時間の妻の行動をみると、夫が散歩しているとき、昼寝のときが自分のしたいことができるチャンスでもあるのです。

3:目の元気な時間、頭の冴える時間

60歳を過ぎると、夜は目が疲れて読書はしんどいという人が多いですが、効率よく時間をつかうためには、体のコンディションに合わせて行動しましょう。目の元気な時間、頭のさえた時間・・・が一日の中にどこがベストか見つけましょう。
この時間簿でも、読書の時間を早め、就寝時間を30分早くしました。

※夫が夜寝た後、静かに書道をするために、わざわざ、昼寝をして体力を補充しておく人もいます



定年退職後の生活時間簿

仕事+生活・家族+趣味・遊び+自己啓発+妻の予定

G2の時間簿はバランスのとれた時間配分をしています

家計簿のように項目を分けています。時間の袋分けですね。注目したいのは、妻の予定を書き込んでいることです。夫婦って、今日の予定は?っておたがいにきいたりするんですが、このようにすると妻の予定と照らし合わせて行動できます。

時間簿 G2



TOPへ戻る