時間をつくる 時間を増やす みんなの時間簿  <TOP>

  時間管理ツール 時間簿(R)

週間時間簿 〜一日+2時間を生む

週間時間簿 一日+2時間を生む

◆ざっくり予定を立てる

1日があと2時間あったらいいのに、と思ったことはありませんか? 
そこでご紹介するのは「週間時間簿」です。何にどれだけ時間を使ったか記録します。一週間でながめてみると、スキマ時間やムダな時間がみえてきます。

出典「PHPカラット」
全体をみる
茶色の部分は仕事の時間です。


◆一日は24時間でないことを知る

時間のつかい方はお金の貯め方に似ています。時間術を駆使しているのに、時間に追われている人は、節約しているのにおカネが貯まらない状況と同じだと思います。24時間のうちほんとう使える時間は一日どれだけあるのか知ると、時間がぐっと上手につかえるようになります。

24時間の手帳を使っている人は寝ている時間を塗りつぶします。空白があると時間があるように錯覚してしまいます。

次に仕事や子どもの送迎など、毎週決まっている予定を違う色のペンで。家事や食事の時間なども別の色で塗りつぶしていくと、自分のために使える時間がわかります。

※季節によって夕方の時間、朝の時間が変わるので、週間時間簿をあたらためて作成してください。、


◆やりたいことは一週間単位で

1決まっていることをまず、書き込みます

2今週したいこと、今週すべきことをムリのないように曜日別に配分します。

3 ひとりの時間も確保しておきます


◆体のコンディションを配慮した仕事配分を

時間を有効活用するには、仕事の時間配分と自分の体力のバランスがだいじです。職業によっても疲れる時間帯があると思います。事務職、営業、編集、打ち合わせが多い。目を使う、頭を使う、からだを使う、相手に気を使うなど。

スキマ時間にできるだけ、リラックスして体力の補充をします。わたしは、いつでも、どこでても5分でも10分でもリラックスするようにしています、夏の暑い日は、帰宅する前に駅のホームのベンチでちよっとひとやすみします。移動の電車なかで本を読みたく仕方がなくても、目を休めるために目を閉じることもありす。

フルタイムで働いている人は、土日に家事をためがちですが、ますます疲れてなんのための休日かわかりません。家事を曜日別にちょこちよこ分散して、なるだけ土日の家事を減らします。(家事時短)


トップへ戻る

幸せをつかむ一日24時間の生き方


week_php_s.jpg


この週間時間簿はPHPカラットの雑誌「幸せをつかむ1日24時間の生き方」の特集記事です。
つけ方がシンプルでわかりやすいので、参考にしてみてください。

◇時間のつかい方タイプを4つに分けて、問題点を説明しています。参照
・マイべースタイプ
・流されタイプ
・追われタイプ
・ダラダラタイプ



わたしのオリジナル「時間のつかい方クセチェック」のチャートがありますが、よかったらこちらでも試すことができます。ほとんど当たります。チャートでわかる時間の使い方クセ

トップへ戻る

私を成長させる「夜時間」


夜の時間簿で、あいまいな時間を管理する(日経ウーマン)

この記事も「週間時間簿」を使用しています。日曜日の夜に、一週間の予定を立てます。ここで、注目していただきたいのは、曜日の下に「お天気マーク」がついています。



日経ウーマンオンライン

・一週間のお天気
天気がわかっていると着る洋服も朝になってあわてません。それに洗濯をする、布団を干す、洗車や植木に水をやる、なども、ムダな予定を立てないでいい天気の日を選ぶようにします。

わたしは打ち合わせで都心に出ることもありますが、天気をチェックして雨の日を避けるようにしています。営業で外を回っている人も、天気を確認して計画を立てるといいと思います。


・一週間の献立を考える人もいますが、家事も献立する考え方ができます。

月曜日はキッチン
火曜日は風呂場
水曜日はデスク周辺

一度にたくさんしなくても、一か所5分でもいいのです、たとえば、お風呂掃除は、ドアだけ、タイルだけ、フタだけ。そのかわり丁寧にきちんと磨くと、次の掃除がラクです。一か所づつ順ぐりとやっていくだけですみます。



・ルールをつくる
帰宅途中、コンビニや書店に寄り道をする人が多いのですが、なんとなく寄り道をしているクセを、この曜日はしないといったルールを作ります。寄り道をするを予定に入れて、寄り道をしるようにします。週間時間簿をつけてみると、今までに気づかなかった発見があります。

いやなことがある日に寄り道して、癒し系のグッズを買っていました(32歳、OL)
ある女性が一週間の行動をつけてみたら、寄り道をしている日は、「会社でいやなことがあって、いやし系のグッズを買っていました。週間時間簿をつけてみるまでわからなかった」とのことです。



・成長するための自分磨き
一日10分でも自分磨きをする習慣をつくりましょう。読書をするのもいいでしょう。なにも勉強だけでなくても、ていねいにスキンケアをすることも、自分磨きです。ストレッチを5分でもいいと思います。意識して行動する、それを続けることが大切だと思います。続けるって自分との約束ですから。そうした、ちいさな積み重ねを実感できるのが週間時間簿の考え方です。

トップへ戻る

幸せを呼び込む7コマ手帳


◆パートママの週間時間簿 実例1


出典「からだにいいこと」


なぜ、7コマかといいますと、項目を7コマつくっています。

「ごきげんマーク、スケジュール、子どもの予定(塾や学校給食)、パパ、自分の予定、体調」。この項目の内容は、自分にとってたいせつなキーワードにします。
[実例1をつけたAさんの感想]

子どもたちの健康管理のために、学校給食で食べるものを記入。「以前は夕食にカレーをつくってたら、給食もカレー・・・なんてことも」(笑)。手帳に記入するようになってメニューの重複がなくなりました。ごきげんマークを増やすのがたのしみ」



一週間で予定を立てる週間時間簿は、はじめてわたしの手帳「時間デザイナーのシンプル手帳」(自由国民社)になりました。基本となるフォーマットが白紙の週間時間簿です。生活時間の構造は、仕事のこと、子どものこと、自分のこと、そして、その他です。その他は、家計のやりくり、献立、体重・血圧などの健康。

女性は男性のようにビジネス手帳に仕事の予定だけ書いていられません。家事・育児のやりくりが大変です。ですので、この仕組みを参考にして一週間で時間配分をしてみてください。




トップへ戻る